結婚式 マナーとは 結婚式の作法について

結婚式のマナーについて解説しています。
結婚式の礼儀作法 マナー、

結婚祝の品物について


最初に、結婚祝の品物をおくる時期についてお話いたします。やはり、結婚式の招待状が手元に届いたら、なるべく早くに渡す、というのがマナーでしょう。


また、購入した品物にはのし紙をつけます。名前を書くことも忘れてはいけません。そして、忘れがちなのですが、お店などからそのまま宅配するような場合は中に手紙を添えるとよりGOODです。


結婚祝の落とし穴


次にあげる品物たちは、人によってはマナーに反すると感じるものです。つまり、一口にいえば結婚祝の品物としては不適当だということです。


四という数字は不吉なので、四個セットのカップ、食器などは嫌われる。

れる、という言葉を連想させる刃物類やはさみなどは嫌われる。

壊れるというイメージを連想させる陶器類やガラス製品は嫌われる。



結婚式 結婚式のマナーとは?

結婚式っていいですよね。

美しいウエディングドレスに身を包んだ新婦・・・。りりしい新郎・・・。彼らを見るだけで、笑顔がこぼれてきます。


ですから、結婚式は大好きなんです。いつも、幸せな気分になりますから・・・。


ちょっと前に、結婚式に出席してきました。そこでもいつものように、とても幸せな気持ちになりました。やっぱり結婚式って楽しいものですね。


ですが、一つだけ、結婚式にも注意したいことがあるのです。


一体、どういう部分に気をつけるべきなのでしょう。あなたはそれを知りたくありませんか?


その注意点は、結婚式のマナーです。もちろん、いまさら詳しく言うまでもありませんよね。


なぜなら、結婚式には様々な立場の人がやってきます。


主役である新郎新婦や、親戚、両親を差し置いて、はしゃぎすぎ、というのはNG。


礼儀作法なんて、堅苦しいのは嫌だし、私は結婚式のマナーなんて、、、という人もいるかもしれませんね。


安心してください!結婚式のマナーといったって、ほとんど常識的なことばかりなんです。それほど難しくはありません。


それでは、これから、結婚式のマナーと礼儀作法など、色々と目を通して、実際に見てゆきます。

結婚式の招待状に関するマナー


結婚式の招待状を受け取ったら、一番最初に気をつけるべきマナーがあります。


最初に気をつけるべきマナーとは、あなたはなんとなくでもわかるでしょうか?


招待状は、できるだけ早く返送して下さい、ということです。


具体的な日数をいいますと、もらったその日に返事を書いて、ポストにいれてしまう、というのが理想でしょう。


しかし、この理由は一体なぜなのでしょうか?


その答えは明白です。

実は、主催者側にも、色々な都合があります。引き出物の数だって、正確な出席者の人数がわからなければ準備することはできません。


ところで、返信用ハガキを出すときは、一言おめでとう!の言葉と、文字は丁寧に!これも大切なことです。


出欠が未定の場合は?


まず、電話などで、出欠の予定がはっきりとわかる時期を相手につたえます。


ドタキャンの可能性があるような場合(つまり、式直前まで分からない場合)は、相手に迷惑がかかる可能性もありますので、最初から欠席しておく、というのもよいでしょう。

出席できないときの、返送の仕方


結婚式の招待状に返信するのは、この場合残念ですが「欠席」ということになりそうです。ですが、そのままでは少しマナーに反します。


それでは、こんな場合はどうするのがマナー違反にならないのでしょう。


それは、新郎新婦が招待してくれたことに対する感謝の気持ちを伝える、ということです。たとえば、式当日には、会場に電報をうつ、というのも一つの方法でしょう。


そして、出席の時とは違い、即日に「欠席」などとして返送するのはやめましょう。数日ほど間をあけてから出したほうがよいと思われます。


はい、おわり・・・ではありません。結婚祝をおくること!


結婚式に出席できないのですから、結婚祝なんて必要ない・・・・とお考えのあなた!それは間違いです。欠席するのはこちらの理由なのですから、マナーとして、結婚祝を渡すことも重要な作法です。


贈るのは、品物、またはお金ですが、その金額は大体一万円くらい、というのが相場のようです。


理想的なのは、式の一週間くらい前の吉日をえらび、自宅に持参する、ということです。無理ならば郵送でもかまわないでしょう。


式当日に急に欠席することになったらどうするか


こんなときは、まず主催者である新郎、新婦に連絡をとります。あるいは、その家族、結婚式の会場へ連絡をとる、ということもありです。ポイントは、即座に行う、ということです。


また、もしも時間に少しでも余裕があれば、会場に祝電などを送ります。この時、欠席のことについてとやかくいうべきではありません。単に二人の結婚式を祝う言葉だけにとどめておくべきえしょう。当然、後日には欠席のお詫びを忘れずに!


結婚祝についてしろう


結婚祝は、お金(いわゆるご祝儀)を式場の受付でわたす、というのが普通です。昔は自宅へ式の前に、持参するものでしたが、最近ではそういう形よりも、先に述べたスタイルに変わっています。


結婚祝の品物を渡すなら、当日に受付で渡すのはいただけません。事前に自宅へと持参します。そして、結婚式当日の受付では、御祝は済ませていることを伝えましょう。


ご祝儀の礼儀作法。


金額としては、二で割り切れる数字を包まないのが基本です。たとえば、二万円、四万円よりは三万円、五万円、ということです。これは、二で割り切れる数字ですと二人が分かれる、ということを連想させるからなのでしょう。そして、用意するお金は当然新札です。結婚式は週末などに行われることが多いですから、前もって銀行などで用意しておくことを忘れずに!


そして、ご祝儀に包む金額の目安としては、食事料金にお祝いの気持ちが目安とされています。たとえば、普通の結婚式で、友人や同僚の式に出席するのであれば、やはり三万円くらいということになるのでしょう。


しかし、それでも祝儀の相場が気になる・・・こんな場合はどうすればよいのでしょうか?


そんな場合は、「あまりこういうのってよくわからなくて、、、。参考にしたいんだけど、どれくらい包むのか、教えてほしい」と正直にたずねるとよいでしょう。


参考までにあげておきますと、同僚友人など、普通は三万円、兄弟なら5〜10万、親類なら3〜5万円というところでしょう。


よくある疑問・・・こういう時のマナーは?


1 夫婦で出席するのですが、御祝金はやはり倍額包むべきですか?

2 子供連れの場合、やはり金額は増やすべきでしょうか?

3 会費制の結婚式に招待されたんだけど、ご祝儀って会費とは別に準備しなくちゃならないの?


1 二人で五万円包むのが一般的です/p>

2 子どもの席、食事が用意されていれば大人の半分〜八割くらいを包みます。

3 必要ありません。

結婚祝の品物について


最初に、結婚祝の品物をおくる時期についてお話いたします。やはり、結婚式の招待状が手元に届いたら、なるべく早くに渡す、というのがマナーでしょう。


また、購入した品物にはのし紙をつけます。名前を書くことも忘れてはいけません。そして、忘れがちなのですが、お店などからそのまま宅配するような場合は中に手紙を添えるとよりGOODです。


結婚祝の落とし穴


次にあげる品物たちは、人によってはマナーに反すると感じるものです。つまり、一口にいえば結婚祝の品物としては不適当だということです。


四という数字は不吉なので、四個セットのカップ、食器などは嫌われる。

れる、という言葉を連想させる刃物類やはさみなどは嫌われる。

壊れるというイメージを連想させる陶器類やガラス製品は嫌われる。








【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース